2009年05月16日

インフルエンザ対策

 学院は、行政からの通達命令が出ない限り、開校し続けます。勿論、そのための衛生対策も充実させています。

うがいをのどの奥深く、15秒くらいするのが良いそうです。手洗いもやりましょう。
 
 しかし、もっとも肝心なことは、免疫力を高めることです。そのためには、腸内環境を整えることです。
 いわゆる善玉菌であるビフィズス菌を増やしてくれるのは穀物、野菜です。
 いわゆる悪玉菌、ウェルシュ菌を増やす筆頭は獣肉です。
 ですから、穀物、野菜の食生活をしっかりと続けていれば、少々の病原菌が体内に入ってこようとも、菌を打ち負かすことができるのです。
 根本的解決策はここにあるといえるでしょう。
将来起こり得るより毒性の強い感染症に対処できる強靭な免疫力は食生活の根本的改善によってつけることができるのです。
 (何故、マスコミは不安をあおることしか報道しないのでしょう。)
 


  
posted by primeashiya at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック