2012年04月17日

学校テキスト

 学校で使用されるテキスト、問題集は先生の口頭や板書による指導を前提としています。
 ですから、ひとたび授業に遅れると、その内容を把握できなくなることが往々にしてあります。配布される問題集も、詳しい解説付きの別冊解答は、わざと生徒に配布されません。理由は「生徒が答えを写してしまうから」あるいは、「先生が教える主人公であり主導権を確保したいため」か、のいずれかでしょう。
 ところが、これによって常に新しい単元は先生の指導によらなくては進めないものと、生徒は思い込んでしまいます。
 ひとたび学校の学習進度に遅れた生徒は、なすすべがありません。このような簡単な理由で、学校の震度についていけなくなる生徒は少なくありません。
 参考書をひも解くにしても、一人で不案内な単元を学習する際、多様なレベルの参考書からどれを選ぶべきか、また該当箇所がどこなのか探しあぐねてしまいます。
 学院では、生徒のわかっていない箇所を探し出し、常に理解度をチェックしながら、適宜、解答へいたる理由を説明します。定着するまでしっかり指導します。
 学校レベルについていけなくなった生徒は、いったん学校教材対策の比重を減らして演習するほうがすぐに挽回できます。追いついてきたら学校教材の比重を増やして、今度はさらに学校レベルを超えて先取りしていきます。

posted by primeashiya at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 教務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック