2012年04月26日

英作文対策

 国公立の英語は和訳と作文の配点比率が高く、これを制するか否かが合否を左右します。しかし、和訳と作文、特に作文は独学では学習が困難で、一斉指導では事実上、模範文の暗記となりがちです。
 ここで重要なのは、自力で書き上げた作文を適切に手直ししてもらうことです。答案のすべてに問題があるのではなく、少し訂正をくわえることで、ほぼ合格レベルの文になることが多いのです。独学でやっているとそれがわからないまま、結局は模範文を覚えこむしかなくなるので、効率がよくありません。
 学院では、生徒が作成した答案を基に、最小限の手直しで、合格答案になるように指導しています。

posted by primeashiya at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック